転職 のときに抑えるべき3つのポイント

lifehack

本日は 転職 のお話です。年功序列、実力無視、安全第一を盾にとった超保守派がはびこるこの業界ははっきりいって職場環境が劣悪です。転職は現状を打開する大きな手段と言えます。

なぜ転職したいのか

転職 したい!となったとき、なぜ転職したいのかを明確にすることが一つ目のポイントです。転職理由によって方法は大きく異なります。

転職理由ランキング2020年度<職種別>│doda中途採用支援サービス
職種によって転職理由は異なるのでしょうか?2020年4月~2021年3月に転職活動を行った約10万人のデータを元に、職種別の傾向を分析します。

こちらの転職理由ランキングを参考すると大きく3つに絞れます

  1. 実際に働いてみると思っていた仕事と違う
  2. 給料に不満がある
  3. 対人関係がうまくいかない

実際に働いてみると思っていた仕事と違う

さて、さきほどのランキングをみると

1位:ほかにやりたい仕事がある。

となっています。

おそらく新卒で臨床がよくわからず受かったところに就職してみたが、なんか合わなかったというパターンかと思います。

これは、国家試験の合格率ばかりを考えて試験対策しか教えず、臨床現場を教えない学校に多くの責任があると思います。実際心臓カテーテルに臨床工学技士が深く関わっている施設もあるし、そんな病院に自分自身が就職するなんて夢にも思っていませんでした。

実際のところ国家試験に受かってないと話にならないという学校側の意見もわからんでもないですが、、、。

給料に不満がある

さきほどのランキングでは3位となっています。

これも多い内容だと思いますが、臨床工学技士の給料って本当に少ない。

臨床工学技士になりたいなんていっている学生が身近にいたら絶対に勧めない程度に給料が低いです。

給料をあげるためにもちろん頑張ってくれていますが。そのあたりのことはこちらで触れています。

実はこの給料に不満があるっていうのは2つに分かれます。

残業結構しているので、額面上は結構もらってるけど、割にあっていない。という場合と

単純に手取りが少ないという場合。

どちらのパターンかによって転職方法が異なります。

対人関係がうまくいかない

さきほどのランキングでは9位となっていますが、臨床工学技士ではこちらが多そうです。

特に、患者さんと関わるのが苦手なのか、

職種間、あるいは同種間での対人関係にトラブルがあるのかで転職方法が変わります。

大きくこの3つに絞ってポイントを説明していきます。

自分の市場価値を考える

続いて、現状の業務内容を洗い出す作業です。

要するに自分は今なにができるのか、市場としてどんな価値があるのかを明確にすることが2つ目のポイントです。

断言しますが、現状の実力を正確に把握できていない場合必ず転職は失敗します。

即戦力となり得る実力があるか?

循環器領域では人事にも携わってきましたので、よく内情をしっていますが、病院が求人を出す場合の理由として一番は、急にいなくなった、あるいは、いなくなる予定の人材枠を補充したいということにあります。

つまり求められているものは即戦力です。

中途半端に知識がある実力もわからない人材を1から教育するより新卒を採用して教えた方が給料も安くすむし、教えるのも楽だし、今いる人材との上下関係も考慮すると、長期的にみて何倍も良いため中途での採用は相当ハードルが高いです。

察しの良い方は気づいていると思いますが、そのとおりです。

透析クリニックから循環器専門病院や心外専門病院にいくのは到底無理だし、仮にできたとしたらそれは、透析の経歴が採用されていて、実際には、その病院における透析関連の仕事に就かされるということです。

ここが病院側と転職希望者との解離です。

そしてよくみる、採用してすぐやめていく光景です

資格はもっているのか?

これは、新たにTAVIを始めたい。インペラを採用したい。そんな場合に必要な資格があります。

それを今いる職員に取らせるには時間がかかるため、資格保有者がすぐにほしいわけです。どういった資格なのかということには、こちらで触れています。

たぶん透析関係ではこういった立ち上げ時必要とされる資格はないと思います。(あったら教えて下さい)

自分に実力があることはわかってる早くコツを教えろって方は、こちらから最後のまとめに飛べます。

転職手段

上記、自己分析を終えたらやっと転職手段について考えます。大きく3つあります。

臨床工学技士専門転職サイトを使用する

こちらは実際に使用しましたが、わがままいっても対応してくれますし、給料交渉も運営会社が代行してくれるので楽です。必要に応じて、面接対策等もしてくれます。

臨床工学技士の求人・転職【工学技士人材バンク】
【無料サポート】臨床工学技士の求人・募集情報をお探しなら、東証一部上場企業のエス・エム・エス運営の工学技士人材バンクへ。臨床工学技士求人専門のキャリアパートナーが、あなたの転職活動をサポートします。

求人を自分で探す。

行きたい病院の求人を自分でさがすパターンです。後述しますが、給料交渉の面からこれは全くオススメしません。

コネ採用も全くオススメしません。コネクションとなってくれる相手は、あなたに優しくしてくれますが、その周りは普通に採用してもらった人よりもアタリが厳しくなることが多いです。

病院を立ち上げる。

仲の良い先生と新たに病院を立ち上げる、あるいは新たに立ち上がる病院の採用を受ける方法があります。

いわゆるオープニングスタッフ。

これは比較的オススメできます。給料も破格な場合が多いですし、職場環境は言わずもがなです。しかし、このご時世新規立ち上げの病院はなかなか見つからないものです。

そして、そんな機会に恵まれるならそもそも転職しようなんておもってないはずでしょう。

転職時のコツ

さて最後のポイントです。

今の仕事は3年頑張るか、新卒であれば数ヶ月以内に転職する

とにかく、今の仕事は3年は頑張りましょう。採用の際、年齢もそうですが、数年続いてない場合どんなにその職場環境が劣悪であってもあなたに問題がありそうと思われます。

一方、新卒で就職してすぐの転職であれば、病院側は、ほぼ新卒扱いで採用できますし本当に職場環境に問題ありそうと判断してくれる場合もあります。

自分に市場価値があると判断していて給料を上げたい方

非公開求人を探そう

自分の市場価値が十分あると判断しているかたで、給料を上げたいと考えている方は、絶対に非公開求人を探しましょう。

非公開求人の場合、給料交渉が容易です。公開求人の場合、公開されているが故に今働いている人と同じくらいに設定されていなかった場合、かなりの反発を受けるため病院側も価格交渉に応じることができません。

まず基本給の交渉をしよう

まずは基本給から交渉です。基本給が上がるということは、ボーナスまで増えてきますので美味しいです。手当の増額ですと、ボーナスに加味されない場合がほとんどです。稀にされる病院もあるので、しっかりと聞きましょう。

ベースアップの話は必ずしよう

給料高い!よっしゃとすぐ食いついてはいけません。意外と、就職してほしいから最初は高いけど、年1,000円しか増えないとかザラにある話です。しっかりと聞きましょう。

休暇の話、手当の話をしっかりと

休暇数、手当の数をしっかりと把握しましょう。

給料はすくないが、家賃の8割を払ってくれる。といった手当の形もあります。

これは都内や、家賃が高いところでは非常に重要で、アパートを借り上げ代わりに払ってくれるのであれば所得は見かけ上少ないため、節税に繋がります。これも交渉次第です。

就職地域の物価を確認する

例えば東京は比較的給料が高いですが、家賃、物価が非常に高いです。1k10万とかありえます。オンコール体制のある場合ですと、近くに居住する必要もあるため都内在住を強いられます。

一方、北海道や地方はかなり給料が低いですが、1k4万円台とかも多くあり、十分給料の差を埋められます。

やりたい仕事に転職したい場合

段階を踏むことがとても大切です。

上記の通り、透析から循環器に行きたい場合はハードルが高いです。

そこで、循環器やってる病院にアタリをつけてそこに転職しましょう。そこで3年働いてから次に専門病院へチャレンジしましょう。意外と、3年働くとその病院で満足できることもあります。

対人関係がうまくいかない場合

転職先の技士長の年齢と従業員の年齢構成を把握しましょう。技士長の年齢が高齢なのに、従業員が若い場合はやめておきましょう。間違いなくすぐ従業員がやめてしまっています。

病院は歴史があるのに、全体的に低いところもやめましょう。これも間違いなく入れ替わりが激しいです。

しかし、悲しいことですが、入れ替わりが激しくない良い職場の求人はほとんどでません。そういったところのセンシティビティをあげるためにも求人サイトを活用するのは良い手段です。気長に待つしかありませんし、急いで転職して良いことはありません。

手っ取り早く給料をあげる方法

メーカーに就職することです。営業が苦でなければ大概年収600万〜です。外資であれば1000万余裕です。これも、専門知識が豊富だと簡単に就職に有りつける場合があります。

有名所だとキャリアカバーとか登録してみましたが、有名企業からも求人がきました。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
CAREER CARVER(キャリアカーバー)はリクルートが運営する、ハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイトです。ハイクラス・エグゼクティブの方にご満足いただくために、厳選した優良なヘッドハンターだけがサービスに登録しています。

あと、工学技士人材バンクは、企業案件も教えてくれてました。

いっそ全く違う職種を探す

ぶっちゃけ新卒なら全く違う職種も選択肢の一つとして大いにありです。

他職種への転職を専門としたサイトもあります。

相談は無料の場合が多いので、相談してみるだけでもありです。

退職させてくれない場合

上司が取り合ってくれないなど、退職をさせてくれない場合もあるとおもいます。

上司より偉い人に話にいけば良いですがなかなかうまくいかないとおもいます。

労働局に連絡する

労働基準局に連絡すると事務の方に伝えるだけで、すぐに対応してくれるとおもいます。別に各都道府県労働局(厚労省)に本当に連絡する必要もありません。

一方、こういった敷居の低い相談窓口が用意されていますので、実際に一度相談してみるのも良いでしょう。

総合労働相談コーナーのご案内
総合労働相談コーナーでは、解雇、雇止め、賃金の引下げなどの労働条件や、募集・採用、いじめ・嫌がらせ、パワハラなど、労働問題に関するあらゆる分野の相談を、労働者、事業主どちらからでも無料で受けしております。

退職代行を試してみる

労働局はハードルが高い、、、

そんなときは退職代行を頼んでみてもよいかもしれません。

まとめ

  • 実力があるなら給料をあげるのは転職が近道
  • 実力ないのに転職は無理なので段階を踏もう
  • 違う領域へ行きたい場合も段階を踏もう。
  • 対人関係に問題がある場合は、耐え忍んで機会を伺うしか手立てはない。
  • 手っ取り早く給料をあげるならメーカーに就職を考える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました