就職したらまず、 日本臨床工学技士会 と 日本臨床工学技士連盟 に入ろうという話

lifehack

日本臨床工学技士会 とは

日本臨床工学技士会 とは

当会は、平成2年に、臨床工学技士の職業倫理の高揚と学術・技術の研鑽および資質の向上を図るとともに、医療機器に支えられた医療・福祉の信頼性の向上に努め、国民の医療・福祉の発展に継続的に寄与することを目的として発足し、平成24年4月1日に「公益社団法人日本臨床工学技士会」として正式に認定されました。

https://www.ja-ces.or.jp/about-jaces/greeting/

崇高な理念の下にできた公益法人です。しかし、これらは政治活動は可能ですが、選挙運動ができません。

では、選挙運動とはなんでしょうか。

判例・実例によれば、選挙運動とは、「特定の選挙について、特定の候補者の当選を目的として、投票を得又は得させるために直接又は間接に必要かつ有利な行為」とされています。

https://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10_1.html

総務省のホームページではこう記されています。

臨床工学技士の価値、地位、向上による賃金のベースアップは偉い政治家さんのさじ加減できまっています。つまり、選挙運動ができないとなると、これを可能としてくれる政治家を応援することができないわけです。

さてここまで聞くとなぜ選挙運動ができないかがわかります。

公益(社会全般の利益)臨床工学技士のベースアップを可能とする政治家の選挙運動を行うのは相反するわけです。ですから、厚労省は公益社団法人には公益的な活動をして、政治活動(選挙運動も含まれます)を行う団体を別に作り役割分担しなさいとしているわけです。

そもそも臨床工学技士に関してはこちらをどうぞ

日本臨床工学技士連盟とは

日本臨床工学技士連盟とは

日本臨床工学技士連盟は政治活動を通じて国民の皆様に良い医療を提供することを目的として設立されました。他の医療職種に比べ比較的新しい国家資格ですので、思いを実現するには強い団結力が必要です。皆様方には是非とも趣旨をご理解いただき、成長を促すご協力を賜りたく積極的にご参加頂きますよう心よりお願い申し上げます。

https://ce-renmei.gr.jp/?page_id=2

上記は、肥田先生のお言葉です。

前述の通り、政治活動をするとしてますし、明確に臨床工学技術の診療報酬への反映を掲げてくれています。要するに、この活動を支援するために、会費を払えばより大きく政治活動ができるということです。先行投資です。

連盟に加入していない人は臨床工学技士の給料が低いことに文句を言う資格なしと言っても過言ではないと考えています。

近年のタスクシフト・タスクシェアリングの方針は連盟が働きかけてくれたから実現できたといっていいでしょう。

日本臨床工学技士会 加入のメリットとは

さて、今までの話を聞くと技士連盟だけ加入すればいいのではないかと思うと思います。正直そんな気もしますが、実は色々メリットはあります。

  1. 就職斡旋。臨床工学技士会に記載されている求人の詳細は会員でないとわかりません。
  2. 認定士制度とe-ラーニング。
  3. 団体賠償責任保険(年間3380円)

一番のメリットは3番です。3以外は大したメリットではないです。

通常の賠償責任保険では、医療従事中の他人への危害は保険が支払われません。一応、専用の民間保険(リンク先は看護師さんむけ)があるようです。

臨床工学技士会の保険内容ですが色々パターンがありますが、1回最大5千万円まで(期間内合計1億5千万円)払ってくれることもあるようです。ちなみにこれは「あんしんくん」とは別の保険です。

詳しい内容を聞こうとしたら、よくある質問のところにこんなのがありました。

本日更新のお手紙がきたので、金額について載せておきます。

団体賠償責任保険を解約したい・団体賠償責任保険の内容を知りたい・団体賠償責任保険の加入状況を知りたい・団体賠償責任保険の被保険者カードの発送状況を知りたい・団体賠償責任保険に登録している住所等を変更したい・その他の保険などについて知りたい 保険取扱代理店に直接連絡してください ■保険取扱代理店:損保ジャパンパートナーズ株式会社          TEL:0120-900-262(受付時間:平日9:00~17:00)

ちなみに、臨床工学技士に関する判例はあります。

医療事件判決紹介コーナ

ここでは臨床工学技士に直接ではなく、メーカーと市への請求で数億となっていますが、これは公立で勤務している臨床工学技士であったからで、私立であれば個人に賠償責任があってもおかしくありません。

この判例をみると、車の保険に入らずに運転しているのと同じリスクだということが、おわかりになるとおもいます。

このためだけにも技士会には入りましょう。

入会のしかた

臨床工学技士会

日本臨床工学技士会と各都道府県技士会がありますが、以下のような流れで入会できます。

  1. 都道府県臨床工学技士会に入会申請をする
  2. 日本臨床工学技士会の申込書が送付されてくる
  3. 入会手続きを行う。(入会金5000円、年会費10000円)

参考ページ

入会案内 | 日本臨床工学技士会について | 公益社団法人 日本臨床工学技士会

臨床工学技士連盟

こちらは簡単です。

入会案内 – 日本臨床工学技士連盟

こちらにアクセスし入会手続きするだけです。

なぜ連盟は認知されていないのか

  1. そもそも臨床工学技士会への加入率が悪い。
  2. 臨床工学技士内技術、意識格差がとんでもなく大きい。(私見です)
  3. 公益社団法人が政治団体(技士連盟)への加入を促すことは黒よりのグレーである。

大きくこの3つがあげられます。

1と2はだいたい同じです。

学会発表を見てもいつも同じ人いつも同じ病院なのを見れば想像は簡単です。

やる気(学会や論文執筆に意欲的)がない人が多い。

お金が稼げればそれでよいという方は、そもそも学会に興味がない思います。

一方、看護師はどうなのかというとn数が全く違います。126万人といわれる看護師に対し、臨床工学技士は2万5千。約63倍つまりそういうことです。やる気がない人が同じ割合だとしても、数にしたら63倍違うわけです。

臨床工学技士に必要とされているのは、やる気がある人の割合を増やすことです。

3ですが、これは法律上の問題です。しかし、最近では臨床工学技士会の本間理事長も、学会等で口を酸っぱくして連盟のことを言及してくれています(加入は促していません)ので、今後は増えていくでしょう。

まとめ

  • 技士会と連盟は全く別物。どちらも加入はすべき。
  • 臨床工学技士用賠償責任保険に入っていないのは車の無保険と一緒の行為です。
  • 連盟に加入せざるもの、給料の安さに文句言うべからず

コメント

タイトルとURLをコピーしました